リサーチ組織「TokenLab」を設立しました

【Weekly Ethereum 2018 Vol.47】Mustekala, Town Crier, ABC protection

Weekly Ethereum 2018

Ethereumインフラ

eWASMについて

eWASMについて – CryptoMorning

eWASMの疑問点 – chaintope

Wasmについて

Wasm on the Blockchain: The Lesser Evil – Polkadot Network – Medium

2nd Layer Scaling

Ethereum関連プロジェクト

Metamaskライトクライアント

フルノードの負担を減らすためにライトクライアントでできることを増やして、ネットワークの分業を行う、という旨のことが書かれていると思うのですが、まだちゃんと読んでいません。非常に重要なことが書かれていると思うので後で読みます。

MetaMask Labs presents Mustekala— the Light Client that seeds data.

ALIS技術ブログ

石井さん(@sot528)の記事は非常に有益なのでALISそのものに興味がなかったとしてもおすすめです。

技術選定: ALISがEthereumを使う理由 | ALIS

Ethereumの変遷

Ethereumがどういう形で形容されてきたかという変遷の図。

⟠ Visions of Ether – Token Economy

マシなオラクル

詳細は不明(※下にリンク)ですが、ハードウェアを使ってチェーンにデータを流し込むオラクルを考案しているようです。オラクル系では有名なChainlinkが主導。オラクルは私は「情報のスケーリング」と読んでいて、TPSのスケーリングと同じかそれ以上に難しい問題です。逆にここがスケールすると世界が変わります。

Blockchain smart contracts are finally good for something in the real world – MIT Technology Review

Town Crier: An Authenticated Data Feed for Smart Contracts

EOS-like DApps on Ethereum

EOSのようにユーザーがEtherを消費しなくても使えるDAppsをEthereum上に構築できるようにする仕組みのようです。Volvolxの方のサービス。

Ethless

その他

スマホをハードウェアウォレットに

AirGap Vault Distribution— The step by step guide – AirGap.it – Medium

Bitcoin ABC

独自のチェックポイントルールを入れて、ややこしいことになってます。

ABC deep reorg protection

ABCに導入されたReorgプロテクションについて。

On the new deep reorg protection : btc

IMG専務理事クリスティーヌ・ラガルドのお言葉

前文以下のリンクから読めます。

Winds of Change: The Case for New Digital Currency

Weekly Ethereum 2018暗号通貨
スポンサーリンク


「TokenLab」は、暗号通貨/ブロックチェーンの会員制コミュニティです。 以下の画像のように幅広い領域の技術やプロジェクトを取り上げており、入会すれば全てのレポートをお読み頂けます。 代表的なトピックはEthereum, EOS, 証券トークン、VC投資動向、ステーブルトークン/ステーブルコイン、インターオペラビリティ(Cosmos, Polkadot)、カストディサービス、トークン設計(PoW vs PoS/ディストリビューション)、Zilliqa, DFINITY, Mimblewimble, ウォレット、Decred, Basic Attention Token, Non-Fungible Tokenです。

過去配信のレポートは「リサーチレポート一覧」からご確認頂けます。

企業向けのサービスも提供しておりますので、「お問い合わせ」からお気軽にご連絡下さい。

Individua1