リサーチ組織「TokenLab」を設立しました

ステーブルトークン研究

MakerDAOとStablecoin

MakerDAOのガバナンスモデルメモ 1

ブロックチェーンガバナンスについて ブロックチェーンガバナンスが話題になっています(個人的に)。以下のページはオンチェーンとオフチェーンのガバナンスの違いについて説明しました。 チェーンのガバナンスについて取り組んでいるプロジェクト...
Havven

Havvenのトークン設計並びにホルダーが想定する流通速度の想定値

今日はステーブルトークンであるHavvenについて考えてみたいと思います。MakerDAOシリーズのようにWPの全ページを細かく見ていくことはせずに、プロジェクトの概観とトークン設計の焦点を当てます。 Havvenは以前に紹介したMake...
Basis

アルゴリズミック中央銀行「Basis Protocol」の仕組みと疑問

今日はステーブルコイン関連のプロジェクトである「Basis Protocol」について見ていきたいと思います。Basis ProtocolはネイティブトークンであるBasisトークンの価格を一定の収束させ安定させることを目指しています。 ...
MakerDAOとStablecoin

【MakerDAOとStablecoin】担保資産の市場価格が大幅に下落した際の仕組み

この記事ではAutomatic Liquidationについて說明します。Liquidation概要については以下の記事も簡潔な説明をしています。 Automatic Liquidation of risky CDPs MakerD...
MakerDAOとStablecoin

【MakerDAOとStablecoin】プラットフォームにおけるリスクマネジメントの仕組み

このシリーズも第五回になりました。 前回の記事はこちら。 Risk management of The Maker Platform リスクマネジメントのためのアクション MKRホルダーにはリスクマネジメントに関連する以下のアク...
MakerDAOとStablecoin

【MakerDAOとStablecoin】価格安定に寄与するTarget Rate Feedback MechanismとSensitivity Parameterの仕組み

時間が空いてしまいましたが、Maker DAOのWP読みを進めたいと思います。 前回の記事はこちら。 Target Rate Feedback Mechanism (TRFM) TRFMは市場が不安定に陥った際に作動し、DAIの価...
MakerDAOとStablecoin

【MakerDAOとStablecoin】Price Stability Mechanismsの仕組み

MakerDAOシリーズ第三弾です。今回もCDPやKeeperなどの特殊用語が頻発します。CDPは第一弾で、Keeperは第二弾で說明しています。  Price Stability Mechanisms DAIをステーブルコイン...
MakerDAOとStablecoin

【MakerDAOとStablecoin】担保資産とその精算時の仕組み

PETH(Pooled Ether)の機能 Pooled Ether(PETH)はMakerにおいて担保資産として使われるEtherのことです。前回の記事でも書いた通り、現時点で担保資産として使えるのはEtherのみです。将来的には複数の...
MakerDAOとStablecoin

【MakerDAOとStablecoin】Collateralized Debt Position Smart Contractsの仕組み

本シリーズでは、MakerDAOのWhite Paper(PDF)を順に要約していきます。 MakerDAOではEtherを担保にすることにより、DAIトークンを発行できます。DAIシステムでは1DAI=1USDのレートを可能な限り維持す...