【Weekly Ethereum 2018 Vol.20】Sharding, Parity, CryptoKitties, Facebook

Weekly Ethereum 2018

Ethereumインフラ

Prysmatic Labs Sharding Update

Prysmatic LabsのShardingレファレンスはGithubでも確認できます。

Ethereum Sharding Biweekly Development Update #4 — Prysmatic Labs

Ethereum Core Devs Meeting #38

Ethereum Core Devs Meeting 38 Agenda · Issue #40 · ethereum/pm · GitHub

Ethereum関連プロジェクト

Aragon Nest

Aragon Nestはプロジェクトに対して助成金を与えるものです。今回はAragon Planning App, Pando, Prysmatic Labsなどが選ばれたようです。Aragon NestはPlaceholderとの協業で行われており、具体的な資金源は分かりませんが、ICOによって調達された資金も入っていると考えるのが自然でしょう。その辺りは勘案する必要があります。

Aragon Nest: First awarded grants – Aragon

Parity Signer & MyCrypto

トランザクションにオフラインで署名を行うシステムのようです。

Parity Signer and MyCrypto: Securely sign transactions offline

AirSwapがTrezor対応

TrezorやLedger等のハードウェアからDEXを介して直接トレードできる環境が整えられています。

0,000 CryptoKitties

CryptoKittiesが14万ドルで売られたという話。CryptoKittiesはAndreessen HorowitzやUnion Square Venturesから1200万ドルを調達しています。

開発チームがどういう方法で売り出すのも自由ですし、転売を目的に入札するのも自由なんですが、これは悪い意味でバブルだなと思いますね…。

CryptoKittiesに関してはこちらもご覧下さい。

Ethereum上で猫を育てる「CryptoKitties」最高落札額は1300万円、運営報酬は2100万円 ~仕組みとビジネスモデル~
「CryptoKitties」は直訳すると「秘密の猫ちゃん」になりますが、CryptoKittiesのCryptoは「暗号」を意味します。「Cryptocurrency(暗号通貨)」の暗号と一緒ですね。CryptoKittiesは暗号学的に...

Radar Relayトークン追加

その他

Facebook独自通貨

Facebook, Amazonあたりが入ってくる一気に勢いづいてきますね。どのようなスキーム、大義名分で発行するのかが気になります。

Facebook、独自の仮想通貨作成を計画か – CNET Japan