リサーチ組織「TokenLab」を設立しました

【Weekly Ethereum 2018 Vol.20】Sharding, Parity, CryptoKitties, Facebook

Weekly Ethereum 2018

Ethereumインフラ

Prysmatic Labs Sharding Update

Prysmatic LabsのShardingレファレンスはGithubでも確認できます。

Ethereum Sharding Biweekly Development Update #4 — Prysmatic Labs

Ethereum Core Devs Meeting #38

Ethereum Core Devs Meeting 38 Agenda · Issue #40 · ethereum/pm · GitHub

Ethereum Core Devs Meeting #38 [05/18/18]

Ethereum関連プロジェクト

Aragon Nest

Aragon Nestはプロジェクトに対して助成金を与えるものです。今回はAragon Planning App, Pando, Prysmatic Labsなどが選ばれたようです。Aragon NestはPlaceholderとの協業で行われており、具体的な資金源は分かりませんが、ICOによって調達された資金も入っていると考えるのが自然でしょう。その辺りは勘案する必要があります。

Aragon Nest: First awarded grants – Aragon

Parity Signer & MyCrypto

トランザクションにオフラインで署名を行うシステムのようです。

Parity Signer and MyCrypto: Securely sign transactions offline

AirSwapがTrezor対応

TrezorやLedger等のハードウェアからDEXを介して直接トレードできる環境が整えられています。

0,000 CryptoKitties

CryptoKittiesが14万ドルで売られたという話。CryptoKittiesはAndreessen HorowitzやUnion Square Venturesから1200万ドルを調達しています。

開発チームがどういう方法で売り出すのも自由ですし、転売を目的に入札するのも自由なんですが、これは悪い意味でバブルだなと思いますね…。

CryptoKittiesに関してはこちらもご覧下さい。

Ethereum上で猫を育てる「CryptoKitties」最高落札額は1300万円、運営報酬は2100万円 ~仕組みとビジネスモデル~
「CryptoKitties」は直訳すると「秘密の猫ちゃん」になりますが、CryptoKittiesのCryptoは「暗号」を意味します。「Cryptocurrency(暗号通貨)」の暗号と一緒ですね。CryptoKittiesは暗号学的に...

Radar Relayトークン追加

その他

Facebook独自通貨

Facebook, Amazonあたりが入ってくる一気に勢いづいてきますね。どのようなスキーム、大義名分で発行するのかが気になります。

Facebook、独自の仮想通貨作成を計画か – CNET Japan

 

Weekly Ethereum 2018暗号通貨
スポンサーリンク


「TokenLab」は、暗号通貨/ブロックチェーンの会員制コミュニティです。 以下の画像のように幅広い領域の技術やプロジェクトを取り上げており、入会すれば全てのレポートをお読み頂けます。 代表的なトピックはEthereum, EOS, 証券トークン、VC投資動向、ステーブルトークン/ステーブルコイン、インターオペラビリティ(Cosmos, Polkadot)、カストディサービス、トークン設計(PoW vs PoS/ディストリビューション)、Zilliqa, DFINITY, Mimblewimble, ウォレット、Decred, Basic Attention Token, Non-Fungible Tokenです。

過去配信のレポートは「リサーチレポート一覧」からご確認頂けます。

企業向けのサービスも提供しておりますので、「お問い合わせ」からお気軽にご連絡下さい。

Individua1