リサーチ組織「TokenLab」を設立しました

【Weekly Ethereum 2018 Vol.16】Casper FFG, Geth, Raiden, Sharding, Cryptoeconomics

Weekly Ethereum 2018

Ethereumインフラ

Casper FFGのEIPが登場

Geth v1.8.4リリース

RaIden Roadmap

以下のページでRaidenの開発状況とロードマップが公開されています。EthereumのスケーリングはPlasmaが大注目で、Shardingも活発に開発が行われていますが、Raidenも開発が続けられています。

Raiden Development Update Apr/18 – Raiden Network – Medium

Sharding Phase1.0の日本語解説

Osukeさんによる良質な解説記事です。Shardingはまだ仕様が定まっておらず、今後数カ月はリリースされないでしょうから、慌てて理解する必要はないと思いますが、Plasmaと並ぶ重要なスケーリングソリューションです。

Sharding Phase 1 の具体的な仕組みとセキュリティ課題

Prysmatic Development Updates

Scaling summary spreadsheet

Ethereum関連プロジェクト

ConsenSysがサウジアラビアのICT企業と提携

サウジアラビアは国家戦略としてビジョン2030を提唱しているのですが、その実現に向けてブロックチェーンの活用等で支援を行うようです。

Radar RelayのUI設計

0xを使ったDEXのRadar Relayですが、このブログで度々取り上げている理由の一つに「Radar Relayはデザインに気を使っている」と感じられる点がいくつかあるからです。今回の記事もそうですが、ともすると自己満足的になりがちなこの世界で、ライトユーザーでも使いやすい(結果的に上級者にも使いやすい)デザインを志向している点で好感が持てます。しかもプロトコルレイヤーの0xも同じ方向性を持っているので、双方のレイヤーで改善されていることになります。

A New Way to Connect (Your Wallet) – Radar Relay – Medium

Parity SubstrateParity Substrate

トークンの概要と開発観点から見たICO / Token and TokenSale

Ecosystem development with Jon Choi of Ethereum Foundation

Zero Knowledge Episode 20: Ecosystem development with Jon Choi of Ethereum Foundation

メディア

Karl FloerschによるCryptoeconomics Course

Cryptoeconomics: An Introduction – Blockchain Course Trailer
Weekly Ethereum 2018暗号通貨


「TokenLab」は、暗号通貨/ブロックチェーンの会員制コミュニティです。 以下の画像のように幅広い領域の技術やプロジェクトを取り上げており、入会すれば全てのレポートをお読み頂けます。 代表的なトピックはEthereum, EOS, 証券トークン、VC投資動向、ステーブルトークン/ステーブルコイン、インターオペラビリティ(Cosmos, Polkadot)、カストディサービス、トークン設計(PoW vs PoS/ディストリビューション)、Zilliqa, DFINITY, Mimblewimble, ウォレット、Decred, Basic Attention Token, Non-Fungible Tokenです。

過去配信のレポートは「リサーチレポート一覧」からご確認頂けます。

企業向けのサービスも提供しておりますので、「お問い合わせ」からお気軽にご連絡下さい。

Individua1