リサーチ組織「TokenLab」を設立しました

Ethereum系Dappsが共同でWETHの実装を統一へ

ニュース

現在Ethereum上のトークンの多くはERC20という「トークンを作成する際の規格」に従って作られています。各トークンの仕様に一定の基準を設けることで、Ethereum経済圏内でのトークンのやり取りを容易にしているのです。各トークンが規格なしにバラバラに設計されていれば、各アプリケーションは独自の環境を自前で整えなければならない上に、アプリケーション間の連携が難しくなってしまいます。

新しくトークンを作る際にはERC20に準拠した形で設計するのが一般的になっているのですが、Ethereum本体の燃料として使われるEtherはERC20に準拠していません(ERC20はEtherよりも後に誕生したので当然ですね)。故にETHを他のERC20準拠トークンと同様に扱うためにはETHをラッピングしてERC20準拠トークンに変換させる必要があります。この変換後のEtherのことをWETH(Wrapped Ether)といいます。

WETHについては依然Radarを取り上げた時に簡単に說明しました。

【これから「分散型取引所」の話をしよう】ERCトークン取引所Radar 3/n
前回は0xプロトコルの概要を說明しました。0xプロトコルはEthereumネットワーク上に分散型取引所を作るための仕組みであり、オーダーブックを管理する要素としてリレイヤーという役割があるのでした。0x上の分散型取引所における売買はオンチェ...

私も知らなかったのですが、WETHには多数の実装があるようで、この実装を統一しようという動きが本日発表されました。賛同プロジェクトには Augur, district0x, Ethfinex, Gnosis, Maker, Melon, Paradex, Radar Relay, The 0ceanが名を連ねており、WETHの実装はGnosisのCTOであるStefan George氏のコントラクトに基いて設定されるようです。

コントラクトアドレスは以下から確認できます。


Canonical WETH – 0x Protocol
ERC20 Token Standard – The Ethereum Wiki

ニュース暗号通貨
スポンサーリンク


「TokenLab」は、暗号通貨/ブロックチェーンの会員制コミュニティです。 以下の画像のように幅広い領域の技術やプロジェクトを取り上げており、入会すれば全てのレポートをお読み頂けます。 代表的なトピックはEthereum, EOS, 証券トークン、VC投資動向、ステーブルトークン/ステーブルコイン、インターオペラビリティ(Cosmos, Polkadot)、カストディサービス、トークン設計(PoW vs PoS/ディストリビューション)、Zilliqa, DFINITY, Mimblewimble, ウォレット、Decred, Basic Attention Token, Non-Fungible Tokenです。

過去配信のレポートは「リサーチレポート一覧」からご確認頂けます。

企業向けのサービスも提供しておりますので、「お問い合わせ」からお気軽にご連絡下さい。

Individua1