【Weekly Ethereum 2018 Vol.29】Sharding, Raiden, STARKs, State Chennel

Weekly Ethereum 2018

Ethereumインフラ

今週はEthereum foundationから大量の動画がアップロードされています。

Sharding client implementation updates

The Ethereum Sharding Meeting #2 – Berlin
1. Sharding client implementation updates

Resources: https://notes.ethereum.org/s/B1-7aivmX

Trinity (Ethereum Foundation)
Diamond Drops (Drops of Diamond)
Harmony (Ethereum Foundation)
Nimbus (Status.im)
geth-sharding (Prysmatic Labs)
Parity (ParityTech)
PegaSys (ConsenSys)

STARKs in sharding

STARKs in sharding with Eli Ben Sasson, Uri Kolodny, Avihu Levy (StarkWare), and Justin Drake (Ethereum Foundation)

ちなみにSTARKWAREはVitalikやNaval, ZCASHが投資をしているプロジェクトです。

Casper loves sharding and everything

Casper loves sharding and everything with Vitalik Buterin, Justin Drake, Karl Floersch, Danny Ryan, Hsiao-Wei Wang (Ethereum Foundation), and Everyone

Sharding Biweekly Development Update

7月10日のアップデートですが、前回のWeekly Ethereumに載せるのを忘れていたのでこちらに。

Ethereum Sharding Biweekly Development Update #8 — Prysmatic Labs

動画はこちら。

Raiden Red Eyes testnet release

Bug bountyも実施中。

Raiden Red Eyes Testnet Release – Raiden Network – Medium

Generalized state channel 日本語解説

@veryNRさんによるL4 Ventures等が取り組んでいるステートチャネルの解説スライド。

アイスエイジを遅らせる提案

This will delay the ice age by 42 million seconds (approximately 1.4 years), so the chain would be back at 30 second block times in summer 2020.

EIPs/eip-1234.md at a5-eip-1234 · 5chdn/EIPs · GitHub

Etheruem関連プロジェクト

dYdXの拡張性

dYdXはスマートコントラクトを用いて、デポジット管理とマージンコールの機能を提供することによって、中央集権的主体なしにマージントレードができる仕組みなのですが、オラクルや信用できる第三者の介入が必要で課題もあります。

Upgrading the Margin Trading Protocol – dydxprotocol – Medium

プラットフォーム選定のヒント

CTOの石井さんによる記事です。

技術選定: ALISがEthereumを使う理由 | ALIS