リサーチ組織「TokenLab」を設立しました

BIPの簡易まとめ

BIP-113

Median time-past as endpoint for lock-time calculations

ロックタイムは特定の時刻またはブロック高を過ぎている場合にのみ、タイムロックされたトランザクションをブロックに含めるようにできる機能。BIP113によって、そのトランザクションが含まれるブロックのタイムスタンプではなく、そのトランザクションが含まれるブロックを除く、直近11ブロックのタイムスタンプの中央値を使うように変更された。これはマイナーがタイムスタンプのごまかしによって不正に手数料を得ることを防ぐためである。

ちなみにMedian Time Pastを理解しておくと、ビットコインキャッシュのEDA(Emergency Difficulty Adjustment)の仕組みも容易に理解できるのでお得。

スポンサーリンク


「TokenLab」は、暗号通貨/ブロックチェーンの会員制コミュニティです。 以下の画像のように幅広い領域の技術やプロジェクトを取り上げており、入会すれば全てのレポートをお読み頂けます。 代表的なトピックはEthereum, EOS, 証券トークン、VC投資動向、ステーブルトークン/ステーブルコイン、インターオペラビリティ(Cosmos, Polkadot)、カストディサービス、トークン設計(PoW vs PoS/ディストリビューション)、Zilliqa, DFINITY, Mimblewimble, ウォレット、Decred, Basic Attention Token, Non-Fungible Tokenです。

過去配信のレポートは「リサーチレポート一覧」からご確認頂けます。

企業向けのサービスも提供しておりますので、「お問い合わせ」からお気軽にご連絡下さい。

Individua1