スポンサーリンク
これから「分散型取引所」の話をしよう

【これから「分散型取引所」の話をしよう】分散型交換所AirSwapの概要 4/n

Airswapは少し前にICOで資金調達を行ったプロジェクトで、P2P型のERC20準拠トークンの交換所の実現を目指しています。過去に0xや0xプロトコルを用いたRelayerとして機能するRadarを紹介しましたが、0xが取引所を志向して
プロジェクト紹介

Ethereum PoSアルゴリズム「Casper」6つの設計原理

前回の記事ではCasperの概要について、PoSの一般的な説明も含めて紹介しました。Casperに関してはまだ未確定な(少なくとも発表はされていない)部分が多く、今後アップデートされる過程で少なくない部分が変更されていくと思います。また今月
プロジェクト紹介

EthereumのPoS「Casper」の概要をまとめてみる

EthereumはSerenityにおいてPoW(プルーフオブワーク)からCasperと呼ばれるPoS(プルーフオブステイク)への移行を計画しています。現在Serenityの一つ前であるMetropolisの前半が完了したところで、Metr
ご紹介

音声学の素養は発音のみならず語学の学習効率を飛躍的に向上させる件について

日本における語学学習というのは、文法→語彙→読解という流れで、リスニングやスピーキングはもちろん、ライティングさえもどこかに置き去りにされており、リーディング一辺倒です。ライティングはリーディングの量を確保できればある程度までは自然と伸びて
暗号通貨

【相場メモ】ビットコインキャッシュの20%近い高騰について

ビットコインキャッシュの価格が前日比20%近い高騰を見せています。これは「ビットコインキャッシュがビットコインの本流として認められつつある」とか「11月に控えたSegwit2Xのハードフォークによるビットコインの分裂に対する警戒により、資金
Q&A

EthereumのPoSでリワードを得るにはいくらのデポジットが必要か?

Ethereumは現在PoW(プルーフオブワーク)を採用していますが、将来的にPoS(プルーフオブステイク)への移行を計画しています。PoWもPoSもどちらもコンセンサスアルゴリズムの一種ですが、マイナーがブロックの採掘を試みる際に、その採
プロジェクト紹介

Ethereum Name Serviceを使って自分だけのETHアドレスを設定しよう

Ethereum Name Service(ENS)というのはDomain Name Serviceのようなものです。ウェブサイトにアクセスする時に、数字の羅列であるIPアドレスを打ち込む代わりに、individua1.netを打ち込むよう
オピニオン

ビットコインはビットコインプロトコル外からの攻撃にも耐えられるか?

2009年に運用を開始したビットコインは、今日に至るまで崩壊することなくそのネットワークを保ってきました。途中でとんでもない量のビットコインが発行されるというバグがあったり、長期的にネットワークが分裂し、その後二つのチェーンが一つに収束する
ニュース

Melon portがIPFS上に実装されたフロントエンドを公開

今月25日、デジタル資産への投資プラットフォームMelon PortはP2PファイルシステムIPFS上に実装されたフロントエンドを公開した。 Melon on IPFS 公開された機能にアクセスするにはMetamaskが必要だ。
ニュース

イスラーム金融においてICOは適法なのか? – イスラム開発銀行がICO実施企業と協定 –

ロイター通信によるとサウジアラビアのジッダに本店を置くイスラム開発銀行がサウジアラビアの地元企業Ateonならびにベルギーに拠点を置くSettleMintとブロックチェーンに関する協力協定を結びました。協定の目的はイスラーム法適格(シャリー
これから「分散型取引所」の話をしよう

【これから「分散型取引所」の話をしよう】ERCトークン取引所Radar 3/n

前回は0xプロトコルの概要を說明しました。0xプロトコルはEthereumネットワーク上に分散型取引所を作るための仕組みであり、オーダーブックを管理する要素としてリレイヤーという役割があるのでした。0x上の分散型取引所における売買はオンチェ
ご紹介

TOEICやTOEFLをクリアした後、どのように語彙力をネイティブレベルまで伸ばしていくか?

「語学は歳を取ると習得できなくなる」ことの根拠は様々だと思いますが、最も深刻な理由は「歳を取ると語彙を大量に獲得できなくなるから」でしょう。成人してからの外国語学習の難しさについてはリスニングや発音等のオーラルコミュニケーションに焦点を当て
プロジェクト紹介

Gavin Wood率いるParity Technologiesの新プロジェクト「Polkadot」とは何なのか

Parity TechnologiesはGavin Woodによって設立された企業で、軽量で高速なEthereumクライアント「Parity」やEthereumのアドレスと法的IDの紐付けを行う「PICOS」などを提供しています。Gavin
暗号通貨

【しりとりで学ぶフォーク】ハードフォークとは何なのか?ソフトフォークとは何が違うのか?

最近フォークが流行っています。暗号通貨界でフォークといえば「分岐」を意味します。ビットコインがソフトフォークでSegWitをアクティベートさせたと思いきや、ビットコインキャッシュがハードフォークを行いBCHが誕生し、今月はビットコインゴール
これから「分散型取引所」の話をしよう

【これから「分散型取引所」の話をしよう】0xプロトコル上のリレイヤーとは何か? 2/n

最近になってEthereumのネットワーク上に構築される分散型取引所(以下DEX)関連のプロジェクトが増えてきました。DEXやDAC(Decentralized Autonomous Corporation=分散自立型組織)の先駆けとしては
これから「分散型取引所」の話をしよう

【これから「分散型取引所」の話をしよう】分散型取引所はなぜ重要か? 1/n

暗号通貨界において盛り上がりそうで盛り上がらないプロジェクトの一つに分散型取引所、通所DEX( Decentralised Exchange)があります。我々が通常ビットコイン等の暗号通貨を売買する際には、BitflyerやCoinchec
オピニオン

ビットバンクのBitcoin Goldに対する声明のどこが素晴らしいか

BitbankからBitcoin Goldのハードフォークに関する声明が発表されました。Bitcoin Goldはビットコインからフォークすることにより、現行のビットコインとは異なるコインを作り出そうとしています。Bitcoin Goldの
ニュース

ブラジルとアルゼンチンのビットコインコミュニティがSegwit2Xに反対する11の理由

ブラジルとアルゼンチンのビットコインコミュニティが共同でSegwit2Xに対する反対表明を行いました。賛同者には6万5千人のユーザーを擁するBitcoin BrasilやBitcoin Argentina forumなどが含まれています。私
スポンサーリンク