暗号通貨市場全体が急上昇 ~ETH, LTC, DASHは史上最高値を更新~

先週まではビットコインの値上がりに伴いオルトコインはBTC建てのみならず、法定通貨建てでさえ大幅に下落していくような相場でしたが、本日はオルトコインの大幅な上昇を伴う暗号通貨市場全体の時価総額の上昇が見られました。

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

ビットコインが力強い動きを見せたのみならず、Ethereum(630USD), Litecoin(327USD), Dash(847USD)はUSD建ての史上最高値を更新しており、Moneroも史上最高値を更新する勢いです。

特筆すべきはビットコインの価格が法定通貨建てで上昇しているにも関わらず、メジャーなオルトコインがBTC建てでも上昇を見せていることでしょう。なぜならビットコインの法定通貨建ての値動きとメジャーオルトコインのBTC建ての値動きは負の相関を示すことが多いためです。

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

ETHは時価総額二位であるにも関わらず27%もの上昇を見せており、LTCに至っては72%と異常な値上がりを見せています。

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

USD建てにしてみるとBTCの法定通貨建ての上昇が加算されるため、全体的に異常な上昇率であることがよく分かりますね。ここ最近の流れはビットコイン価格の継続的な上昇と、それに伴うBTC建てオルトコイン価格の継続的な下落でしたが、ETHやLTCは法定通貨建てではビットコインの価格上昇に付随する形で上昇していました。

ビットコイン価格の大幅な価格上昇が一旦止まった後に、暴落を経たオルトコインがBTC建てで急反発することはこれまでもよくありました。逆に言うとビットコイン価格が再び上昇し始めるとオルトコイン価格が再び下落していく可能性もあります。急上昇した銘柄のジャンピングキャッチにはくれぐれも注意しましょう。

またオルトコイン相場に乗る際にはビットコインをホールドしていた場合に比べて、オルトコインに乗り換えた場合の方が本当にパフォーマンスが良かったのか注意する必要があります。今日の上昇相場だけを見ればオルトコインのパフォーマンスは高いのですが、例えばEthereumはここ3ヶ月でBTC価格が45%ほど下落しています。つまりBTCのまま持っていた方がパフォーマンスが高かったということです。

更にビットコイン価格の上昇が止まった後にオルトコインの価格が上昇する傾向があることが事実であったとしても「ビットコイン価格の上昇がどこで止まるか」を正確に予測することは不可能です。故に底だと思ったオルトコイン価格が、更に割り込んで奈落の底に落ちていくという阿鼻叫喚地獄を味わう可能性も十分にあります。オルトコイン投資にはくれぐれもご注意下さい。